自己破産のメリットとデメリット

自己破産のメリット・デメリットをご存知ですか?

自己破産というとあまり良い印象を持っていない方が殆どかと思います。悪いイメージばかりが先行してしまい自己破産を行わずに借金を踏み倒したり夜逃げされたりする方もいらっしゃるのが現状です。

今までの生活を立て直すための制度として自己破産制度が存在していますので借金で大変である方は一度自己破産も視野の一つとして考えてみては如何でしょうか。

 

そもそも自己破産のメリットとは何でしょうか。

デメリットについてはカードが作れなくなる、車や持ち家は手放さなくてはならない、警備員などの一部の職業には自己破産が終了するまでは就くことができないなどといったものがあります。他にも官報という裁判内容が掲載されている国発行の新聞のようなものがありますがそこに掲載されるというデメリットもありますがこれは一般の方が見るものではありません。

【自己破産のポイントをチェック】
自己破産ガイド
手続きの仕方から自己破産の特長まで様々な知識が身につきます。

借金返済に困ったら自己破産という手もあります。

借りる時にはしっかりと返済するつもりだった、返済できるはずだった、しかし何かしらの事情により返済が難しくなってしまった方も多いのではないでしょうか。

そういう状況に陥った場合、あなたならどうしますか?

返済する為に人からお金を借りまくりますか?貸してくれる人がいるのならその方法もいいでしょう。

返済せずに逃げますか?この方法はその後のあなたの生活を壊してしまうのでお勧めできません。

ではどうしたらいいのでしょうか。

 

どうしても借金返済に困った場合には自己破産という方法もあります。

 

自己破産とは裁判所により借金の返済が不可能であると認められることをいいます。

その結果、税金などの支払い義務はありますが、その他のすべての借金を支払う必要がなくなります。

 

これだけ聞くと自己破産はいい事づくしなのですぐに自己破産手続きをしないと!と思うかもしれませんが、もちろんいい事づくしなだけではありません。

ある程度の預貯金は残すことができますが、基本的にすべての財産を手放さなくてはいけません。

そして10年間はブラックリストに載ることになるので自己破産以後にお金を借りることはできなくなります。

 

いい部分と悪い部分を考慮した上で自己破産をするのかを決める必要があります。

借金返済義務は相続で放棄できる

借金は個人が背負うべき負債というイメージが強いですが、法律上借金は仮に本人がなんらかの事情で死亡した場合に返済義務は相続人がいれば相続するものとして捉えることができます。

つまり相続人は借金を抱えている人の遺産を相続したいのであれば、同時に負債の分も相続するものとされて、別々に相続することは法律上不可能なのです。

そのことにより借金がある人の遺産を相続する場合は特に注意が必要ですが、しかし督促状などがなく借金があるかわからずに遺産を相続してしまい、のちに借金が発覚して負債の相続人に自動的になっているケースも少なくなのです。

なので借金があるかどうかわからない場合は、相続人となるときには相続する対象が何があるかよく調べてからでないと、法律上借金の返済義務も相続してしまうことになり、あとから相続放棄は一般的に不可能なため難しい問題に発展してしまうことになりかねません。

また相続人とは別に連帯保証人がいる場合は、その人にも返済義務がでてきますが、相続人と連帯保証人が同一人物の場合、相続放棄などで借金返済義務はどうなるのでしょうか。

連帯保証人が相続人出ない場合、相続放棄により返済義務はなくなることはなく、本人が了承してこれになったと認められれば返済義務は継続するものとなりますが、相続放棄などできる立場である場合、借金返済能力に関わらず相続放棄によりその義務を放棄したことになるのです。

また相続人で連帯保証人であっても、連帯保証人に勝手になっていた場合は判例によりこれに該当せずに相続しても借金返済義務は法律上必要ないことになるのです。